好きなこと,やりたいことなんて,なくてもいい

やりたいこと

こんにちは,けいです.

『やりたいことで生きていく』

今は個人の時代だから,やりたいことを極めよう

などというキャッチフレーズが蔓延っているので,それについて思うことを書いていこうと思います.

なぜ生きることに意味をつける必要があるか

自分の意志で生まれたわけではない

こんなことを言ってしまえば,元も子もないわけですが,究極的に考えると産まれたことに意味なんてないわけです.

だって親が✖✖のことをして産まれたのだから.

だから,『俺って何のために産まれたんだろう』って考えることはやめましょう.愚問です.

せっかく親が,お金や愛情をもって育ててくれたのにひどいじゃないか,と思うかもしれませんが,それは今回の議論では的外れな意見なのでご遠慮願います.

生物はただの遺伝子の乗り物

人間を含めすべての生物は,自分の遺伝子を広めるために産まれたといって過言ではない.

これは,有名な生物学者であるリチャード・ドーキンスの『利己的な遺伝子』という名著に書かれている.
概要を説明する.

生物の始まりは,たんぱく質であり,大海をさまよっていた.そして,自分を増やすことのできる自己複製子と呼ばれるたんぱく質が,次々と自分を増やしていった.次第に,大海が自己複製のできるたんぱく質で一杯になってきたとき,自分を守り相手を破壊できる自己複製子が広がった.これが細胞のはじまりだと言われている.

よって,生物の始まりは自己複製子,つまりは遺伝子であって,その後に遺伝子を守るための,ないしが作られたのである.

そう,生物は遺伝子の乗り物にすぎないのである.

意味なんてないが,どう生きるかは決めることができる

人間は唯一,遺伝子から逃れることのできる生き物だとドーキンス博士は言っている.自分を犠牲にして家族を助けたりする利他的な行動は動物にもみられるように感じるが,それは利己的な遺伝子で説明することができる.

動物は遺伝子にプログラムされた行動を行う.しかし,人間は自分で遺伝子を壊すことができる.つまり,自殺である.

例外はあるかもしれないが,ほとんどが突然変異のものだったり,偶然そのように見えたことなどの,サンプル数1のものがネットなどで広まっただけであろう.

人間は遺伝子に囚われずに,自分で考え行動することができる.もしそうでなかったら街中でレイプが続出しているだろう.

なぜこのようなことを考えてしまうか

宗教の破壊

現代では,人類の共通の宗教は資本主義だけとなった.

戦乱の世では,国のために死ぬことが正義であり,自分のやりたいことをやることが悪だった.

世界の三大宗教と呼ばれるものなども,お祈りしたりお布施をすることが正義である.そうすることによって,ご利益があるのである.

しかし,現代はどうだろうか.科学技術の進展に伴って自然災害を防ぐためにお祈りをしなくてもいいし,悪魔を払うためにエクソシストなんていらないし,来世のために小銭を出す必要なんてない.

現代の宗教は資本主義である.本当はお金に価値なんてないが,皆が共通の幻想を抱いているためにお金に価値があるのである.本当は国家なんてものも存在しない.国民もだ.

皆が一斉に日本人をやめて,自然で自給自足をして生活をすれば国なんてものは存在しなくなる.しかし,それに同意する人はほとんどいないはずである.なぜなら,資本主義は皆の生活を豊かにし,望むものはほとんど手に入れられるからである.

想像してみてほしい.あなたの周りにある物はあなたが作ったものだろうか?

ほとんどが,ネットやお店で買ったものだろう.資本主義は,資本主義なしでは考えられないほどの豊かさを供給できるのである.

しかし,人々の財は増えたが,宗教の目的は達成することは不可能である.どれだけお金を稼いでも,全世界の富を自分のものにすることはできない.

戦争では国のために戦うことで人生に意味を与えることができた.

現代では,目的に絶対的なものは存在しないのである.どれだけお金を稼ぐかは,明確な基準はなく,人と比べることしかできない.

インターネットの台頭

インターネット,それは全世界を繋げる夢のような概念だ.今,こうして自分の稚拙な考えを読者に届けることができるのも,インターネットのおかげである.

インターネットによってより一層,他者と比較する機会が増えた.例えば,昔は学校で1番の成績を取ることに,自分の意味を見出していた子は,インターネットで自分より成績がよい子がいることを知り,憂鬱になってしまうかも知れない.(さらに学業に打ち込むことができればよいが)

自分を誰かと比較しても,それぞれの分野のスペシャリストにかなうわけがない.本当は人と比較すること自体が無駄であるのに,否が応でも他者の情報が飛び交っている.

もし,他者と比較することを生きがいにして生きているなら,あなたは動物なので自給自足の生活をしたほうが良いかもしれない.

インフルエンサー

ほとんどの人がSNSやyoutubeなどを利用していると思う.

好きなことで生きていく

というキラキラしたキャッチフレーズをよく目にする.本当に好きなことで生きていけるなら,ほとんど働かないだろう.

例えば,ゲームが好きな人ならyoutubeで発信するためにゲームをするのではなく,ゲームに没頭するであろう.

本当に商品を紹介することが好きなら,お店で実演販売をしているだろう.

インフルエンサーは,その仕事が100%好きでやっているわけではない.自分の好きなこと,得意なことで,お金を儲けてやろう.ただそれだけである.

ホリエモンを含め,インフルエンサーの話を聞いていると,サラリーマンは悪,みたいに感じることがある.ホリエモンは,金儲けやビジネスをすることが好きで,そう言っているのだろう.これは性格の違いである.しかし,ほとんどのインフルエンサーが言っていることは,間違っていることのように感じる.

ホリエモンは金儲けやビジネスがやりたくてやっている.しかし,ほとんどのインフルエンサーは金をもうけて,金を使うために仕事をしている.

ホリエモンは自分の家を持たない.車も持たない.持っているのは,仕事で必要なプライベートジェットである.

一方,youtuberを見てほしい.彼らは豪邸に住み,高級車に乗り,高級ブランドで身を纏う.

好きなことで生きていく のではなく 金のために仕事する

結局,彼らはサラリーマンと変わらない.だから,無理にインフルエンサーの考えに合わせようとする必要はないのである.

考えよう

考える脳がある

私たちは,考える脳がある.考えるという行為自体は,ただの物理現象である.ニューロン間で神経伝達物質がやり取りされ,電気が流れる.

アイデンティティなんてものは,存在するのだろうか.生まれ持った遺伝子で最初の脳の形が決まり,成長の環境要因でシナプスが形成されたり,ニューロンの繋がりが生まれる.現在は,まだ脳について分かっていないことが多いが,アイデンティティなんてものは,ただの幻想だと私は考える.

人々の考えに違いが生じているのは,遺伝子の違いと,生まれ育った環境要因によって決定づけられると思う.これがアイデンティティと呼んでいるものだと思う.

さらに科学が進めば,人間の脳をハッキングしたり,人格を外部からコントロールできるかもしれない.

私たちがすべきことは,考え続けることではないだろうか.

何がやりたいかを考えることよりも,どう生きたいかを考え続けるしかないのだろう.

人間は唯一,遺伝子に逆らって考え,行動することができるのだから.

私も,日々どう生きたいかを考えている.どう生きたいかに正解なんてないし,人と比べる必要はない.

おすすめの本

ここまで,お付き合いいただいてありがとうございます.私も日々,好きなことはなんだろうと考え続けていましたが,このようにブログを読んで下さる方に自分の考えを伝えることができて,それだけで幸せな気持ちになることができます.

人生の意味に悩んだときに,人間について考えることができ,視野が広がる本として以下の本をお勧めしたいと考えています.

皆さんの感想も聞いてみたいので,ぜひ読んだら感想を教えてください.

created by Rinker
¥2,090 (2021/04/15 03:30:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,376 (2021/04/15 03:30:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,500 (2021/04/15 00:10:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
講談社
¥1,276 (2021/04/15 00:10:03時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA