【3Dプリンター】消しゴムケースを作ってみた

3Dプリンターで消しゴムケースを作る!

こんにちは! けい(Twitter)です.

前回は3DプリンターでArduinoケースを作ってみました.

今回は,消しゴムケースを3Dプリンターで作ってみたので,まとめていきたいと思います.

3Dモデルを作る

消しゴムがこちら

いたって普通のMONO消しゴムでございます.

塾バイトをしてるのですが,中学生に消しゴムのケースを破壊されてしまったので,裸の状態になってしまいました.

今回はそんな可哀そうな消しゴムちゃんに,プラスチックの服を着させてあげましょう.

消しゴムの採寸データ

消しゴムの実寸値をまとめてみました.(mm単位)

消しゴムのケースは長すぎても,短すぎても使いにくいので,ちょうど良い長さの30cmとしました.
また,ケース幅は2mmとしました.

3DCADで設計

3DCADは,Fusion360を使いました.

ケースの厚みを固定のパラメータとして記憶すれば,後々の編集で簡単になるのでおすすめです.

修正から,パラメータ変更を選んで,

ケースの厚みをdとして,2mmに設定します.

ケースの設計をする場合,(消しゴムの大きさ) + (d)とすることで,ケースの長さをdを使って作ることができます.

パラメータの大きさを設定することで,後でケースの厚みを変更したい場合でも,パラメータの大きさからdの大きさを変えるだけで全ての大きさを変更することができます.

バージョン1

こんな感じで,試作一号機が完成しました.

これは失敗しました.(まあ試作1号機って言っている時点で失敗してるのはバレバレ)

ケースに途中までしか消しゴムが入りませんでした.

少しきつかったので,全体的に1mmほど大きくしました.

バージョン2

改良点

  • 全体的に大きくした
  • 当サイトのロゴ『メタエレ』を追加
  • ケースの終端に穴を追加

穴を追加したのは,消しゴムをケースに挿入するときに,押し込まれた空気の逃げ道がなくなり,内部の空気圧により消しゴムが入らないのではないか,と考えたからです.
市販の消しゴムのケースって,基本的に終端が開放状態になっていますよね.

バージョン2には,うまく消しゴムを挿入することができました.

スライスソフトでデータを変換

私はFlashforge製の3Dプリンターを使っているので,Flashprintという無料ソフトを使いました.

設定は下の図のように,サポート材なしで印刷します.

時間は41分かかるとのこと

完成品

しっかりはまっていますね!
これで,消しゴムちゃんも恥ずかしくなくなって一安心です.

ここから今回の3Dモデル(stlファイル)をダウンロードできます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA