Arduinoでおもちゃを作ってみた

こんにちは!今回はワンボードマイコンの一種である、Arduinoを使った簡単なおもちゃの作り方をご紹介したいと思います。

使用するパーツ

購入しなければならないパーツは以下の3種類です。

  • Arduino  (今回使用したものはArduino megaだが、基本的にどのタイプでも良い)

  • サーボモータ

  • 曲げセンサー

回路図

抵抗は100kΩを使用

コード例

#include

const int servoPin = 9; //サーボのピン当て
Servo myservo;

const int SENSOR = 0;
int val = 0; //A0ピンアナログ入力のセンサー

void setup() {
Serial.begin(9600);

myservo.attach(servoPin);

}

void loop() {
val = analogRead(SENSOR);

Serial.println(val);

if (val >= 805) {
myservo.write(0);
}

if (805 > val && val >= 785) {
myservo.write(20);
}

if (785 > val && val >= 765) {
myservo.write(40);
}

if (765 > val && val >= 745) {
myservo.write(60);
}

if (745 > val && val >= 725) {
myservo.write(80);
}

if (725 > val && val >= 705) {
myservo.write(100);
}

if (705 > val && val >= 685) {
myservo.write(120);
}

if (685 > val && val >= 670) {
myservo.write(140);
}

if (670 > val && val >= 660) {
myservo.write(160);
}

if (660 > val) {
myservo.write(180);
}

delay(100);

}

完成

モーターの先に絵を貼った段ボールを取り付けて見ました。

動きがとても面白いですね。この曲げセンサーは他にも、ロボットアームの制御にも使えたりするので、今度はロボットアームを作ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA