【約1万円】ノイキャンヘッドホン dyplay「urban traveller 2.0」開封レビュー

ソニーのノイキャンって高すぎるよ!!

アナタ二ハ,dyplayガオススメデス

今回はアマゾンや,youtube などでの評価も高かった,

1万円程度で買える,コスパ最強のノイキャンワイヤレスヘッドホン

ということで,dyplayのUrban Traveller 2.0をレビューしていきたいと思います.

Urban Traveller 2.0の仕様

ネットなどでUrban Traveller を検索すると,ほとんどが第一世代のものです.

最近Urban Traveller 2.0にアップグレードしたので,仕様をまとめます.

Bluetoothバージョン V5.0+EDR
Bluetooth有効範囲 10m
ノイズキャンセリング深度 -28〜-30dB
コーデック aptX-LL/aptX/SBC/AAC
バッテリー仕様500mAh
再生時間22時間(ノイキャンオフ)
12時間(ノイキャンオン)
充電時間1時間                      

Urban Traveller2.0のおすすめポイント

充電ポートがTypeC

これは,地味にうれしいことだと思います.Urban Traveller1.0 の時は,充電ポートがマイクロUSBだったので,充電に時間がかかっていました.しかし2.0になり充電時間が1時間と短縮されました.

完全ワイヤレスで持ち運びにも便利

ワイヤレスヘッドホンで,aptX-LL対応なので,遅延なく動画やゲームを楽しむことができます.

また,通勤や通学の電車での利用がおすすめです.環境音や周りの会話などがほとんど相殺されます.

持ち運ぶときに便利な,折り畳み機能もついてます.

-30dBのノイズキャンセリングの性能

-30dBとは,元の音の振幅の大きさの1/1000であるということです.

これって,すごいですよね.しかし,人間というものはたとえ音の振幅が半分になったとしても,半分の音の大きさで聞こえるわけではないです.

人間は対数関数のような感覚を持っていると表現されます.

つまり,音が小さいときの変化は敏感に感じ取るのに対し,大きい音の同量の変化はほとんど感じ取ることができない,ということです.

例えば,1円玉は1グラムです.50円玉は4グラムです.この差は3グラムで,ほとんどの人がこの差を感じ取ることができます.一方,1000グラムと1004グラムの違いは,ほとんどの人が分からないと思います.

これは,人間の感覚が線形的な絶対量ではないことを示しています.

つまり,-30dBで音が1/1000となっていても,人間の感覚では1/1000に感じられないということです.

脱線しましたが,電車での使用は多少環境音が聞こえますが,音楽を聴けば掻き消えるくらいの性能があります.

クリアな音質

このヘッドホンは重低音が強いわけではなく,すべての周波数の音がバランスよく聞こえる,すばらしい音質です.ノイズキャンセリングをオンにすると,よりクリアに聞こえます.

おすすめは,高音がきれいなボーカルを聞くことです.

デメリット

電源をつけるときの音声が初め中国語です.

しかし, 電源ボタン長押し(ペアリングモード)→電源ボタン2回押し→電源オフ

という作業を行うことで,アナウンスを英語に変えることができます.この手間があるのでデメリットとしました.

まとめ

ここまで,Urban Traveller2.0のメリット,デメリットを書いてきましたが,やはり1万円程度のヘッドホンとしては性能が高いものだと思います.

ソニーに手が届かない!!,でも高音質でノイキャンで,ワイヤレスのヘッドホンが欲しい!!

という欲張りさんにはこのヘッドホンは超オススメです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA