MATLABはいらない? 1か月使った感想

MATLABはもういらない?
MATLABとPythonとの比較

こんにちは! けい(Twitter)です.

この春から,大学の研究室に所属しています.
尚コロナウイルスの影響で,一回も学校に行っていません.(オンラインゼミはやっています)

そこで,研究室としてはいずれ研究でMATLABを使うことになるので,この間にMATLABの使い方を学んでおけ,というスタンスです.

まだMATLABの基本的な構文や,データ処理,グラフ化などの基礎的な部分しか学習していないので,現時点では数値計算用としてしか使っていません.

あと,この記事に関してはMATLABの学習をただ1か月程度やっただけのペーペーの感想なので,間違ったことがあってもやさしく教えてください..

MATLABの良い点

学習コンテンツの充実

一番のグッドポイントはここかもしれませんね.
ほとんどの人がプログラミングを初めて挫折する理由は,良く分からなくて辞めるという理由だと思います.

僕は以前からPythonを独学で勉強しています.使った学習ツールとしては,Progate, Udemyです.
Pythonはオープンソースなので,提供元がないです.
よって,基本的にはPythonを学ぼうと思っても,乱立している学習コンテンツから自分で選んで学ぶ必要があります.
なので,自分で情報を選択して学習できる人以外もちろん挫折します.

しかしMATLABは開発元が学習コンテンツを提供しています.

MATLABの提供するコンテンツをやるだけである程度のことができるようになります.

あと,リファレンスも公式がびっしりばっしり作りこんでくれているので,ちょっとググるだけで,公式リファレンスがずらっと出てきます.

プログラムが簡単

MATLABの最大の売りはこれですよね.

この言語は元々,プログラミングのエキスパートではない研究者のための言語なので,なるべく簡単に作られています.

あと,完全に数値計算用のプログラム言語なので,数値計算用の関数や統計処理の関数が予め予約されています.これは良い面でもあれば,悪い面でもあると思います.pythonでは基本的にimportというものを用いて,色んな関数を呼び出せるようにします.
一方,MATLABでは何もimport しなくても,あらゆる関数が使えてしまいます.

インターフェースの良さ

MATLABはオンラインからでも,もちろんPCにインストールしても使えます.

pythonもjupyter notebookなどのツールを使えばインターネット上でコードが書けます.しかし,パソコンに慣れていない段階では環境の構築がやはり難しいです.

一方MATLABは,環境の構築とかバージョンとか考える必要がないので,PC音痴でも簡単に使えるところが楽でいいです.(普段スマホしか触らないような人でもできますたぶん)

GUIツールも充実しています.データのインポート,グラフの作成なども全部マウス操作でできてしまいます.(それに慣れたら危険なかほり)」

ここんところは至れり尽くせりですね.

ここまでMATLABの良い点を書いてきましたが,1か月使ってみて,んー?と思った部分もあるので書いていきます.

MATLABの悪い点

関数ファイルの作成

MATLABでは関数を基本的には一々別のファイルで保存する必要があります.
これが一番のデメリットだと思います.
ここら辺はまだ正直良く分かってないので,ある程度理解が進めば,解決するかもしれません.
自分で関数作る必要がほとんどないからなのかもしれません.

それPythonでできるよね?

1か月間しか使っていませんが,今のところMATLABでやったことすべてがPythonでもできることです.
基本的なことしかやってないから,そりゃそうかもしれません.

しかしまだ,なぜ高いお金を払ってまでMATLABを使う必要があるのかが正直わかりません.
ただ,自分の所属している工学の分野では,制御,通信,画像処理,AIなどに用いられているので,それらに特化したツールボックスやSimulinkなどとの連携によって,真価が発揮されるんだと思います.

まとめ

兎にも角にも,MATLABとはこれから一年,さらに大学院でもう二年,さらに企業で?お世話になる可能性があるので,じっくり使いこなせていけたらと思います.

初めに書いた通り,まだ使い始めて1か月の感想なので,参考にならない可能性が大ですが,一年後とかに自分で見て笑ってやりたいと思います.

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA